糖分と油分が太るか太らないかについて思うことを書いてみた!

Pocket

今回は糖分と油分について書いていきます。糖分と油分が太るか太らないかということがよく話題になります。私も気にしていますが、いろいろな気になることがあるので思うことを書いていきます。何かしらの参考になっていただければと思いますので良かったら最後まで読んでいただければと思います。

私の好きな食べ物と飲み物について。

今回の内容に入る前に私の好きな食べ物と飲み物について少し書いていきます。みなさんも好きな食べ物や飲み物があると思いますが、私の好きな食べ物は

■ラーメン

■ドーナッツ

■和食・お魚

■コーラ

というかんじです。ラーメンとドーナッツがすごく好きです。はっきりといつからかということは分かりませんが、最近はラーメン屋さんの種類も増えてきました。少し前にフレンチシェフのラーメン屋さんというめずらしいお店を見つけたのでいってみたんですがすごくおいしかったです。

ラーメンは本当においしいと思います。あとドーナッツも好きです。休みの日だと一回で10個は食べます。

普段はお魚を中心とした和食を食べています。ラーメンとドーナッツがすごく好きですが、このふたつには糖分と脂分がたくさんはいっていますね。ラーメンは麺が糖分にあたり、スープが油になります。ドーナッツも両方はいっています。

でもおいしいから食べちゃいます。あとコーラも好きでたまに飲みますが、コーラには角砂糖がたくさん入っているということが分かっています。コーラも美味しいけど角砂糖がたくさん入っているということをきくと飲むのを考えたり控えています。

これらの美味しいものをたべるときによく話題になるのが油と糖分についてです。ここからはこのことについて触れていきます。

糖分は太るか?あるいは太らないか?(炭水化物は太るか太らないか?)

糖分が太るか太らないか?ということがよく話題になりますが、糖分をとりすぎると太りますのでほどほどにしないといけないですが糖分は身体に必要なので接種しないといけないということです。全く糖分をとらないということは良くないということです。

最近は糖質制限ダイエットといわれているのでなるべくとらないほうがいいといわれていますが、必要以上に取らなければ太らないということも言われております。

また人間はある程度糖分をとらないと考える力が弱まってぼけっとしてしまうということも分かっています。私も経験があります。糖分を抜いたら仕事場で全然集中できませんでした。

今回調べて分かったことですが、人間は糖分をとらないとたしかに痩せることは可能ということですが身体によくないということです。臓器によくないと言われています。そう考えると糖分はほどほどに摂取したほうがいいということですね。続いて油分について考えていきます。

油は太るか?太らないか?(油分は太るか太らないか?)

油分も人間の体に必要なので過剰摂取はいけないですが、ほどほどに摂取しないといけないということです。最近では油でも太りにくい油脂肪がつきにくい油というものがありますが、この油は脂肪がつきにくいということですが問題なのは摂取する量が大きく関係してくるということです。

脂肪がつきにくいからといってたくさん接種するとよくないということです。私も結構食べすぎて今もダイエット頑張っていますが、糖分と油分は人間の体に必要なのである程度は摂取したほうがいいということですね。

きちんと量を考えて摂取していれば大丈夫ということだと思います。最後に私がダイエットしていて気になったことについて少し書いていきます。

太る仕組みと太らない仕組みについて。

ダイエットにおいて太る式むあるいは太らない仕組みというものがあると言われます。その話は人間の体内に糖分を残すとそれが油分になるというようなことですが私は異なった視点で思うことがあります。

まさに生活の仕組みの話に関係してきますが、太るか太らないかということですが私も食べすぎて太ります。そしてその都度ダイエットするということを繰り返しますがいつも感じることですが人間はやはりずっとダイエットするということやずっと我慢するということはできないと思います。

週に一回は自分が好きなものを食べる日があってもいいと思います。週に一回好きなものを食べても太らないといったことも言われています。それが週に何回も好きなものを食べると太ってしまうと思いますが・・・。太る仕組みと太らない仕組みというのはダイエットしていても一週間に6日は規則正しく食べて、週に一回は好きなものを食べる日を作るということがいいのではないか?と私は思います。

私もこのような感じでダイエットしていますので、この記事の読者さんの何かしらのお役に立てればと思い書いてみました。最後までご覧いただきましてありがとうございました。